植物のご紹介

トウキ

トウキ

Angelica acutiloba. Kitag. セリ科(Apiaceae)
生薬名:トウキ(当帰)    薬用部位:根
日本で栽培されている多年草で、草丈40~80cmになります。6~7月にセリ科植物に共通の複散形花序の花を咲かせます。生薬「当帰」は本種の根を通例、湯通ししてから乾燥させたもので、リグスチリド(精油)などの成分を含み、鎮静、鎮痛、補血作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、紫雲膏(しうんこう)など78処方に配合されています。

花を咲かせると株が枯れてしまい、生薬「当帰」を生産できません。

1年目に苗づくりを行い、2年目に根を掘り上げて収穫します。

根は湯もみしてから形を調製して乾燥します。