植物のご紹介

チンネベリセンナ

チンネベリセンナ

Senna angustifolia Vahl.  ジャケツイバラ科(Caesalpinaceae)
生薬名:センナ  薬用部位:小葉
インド南端のチンネベリー地方で栽培されるため「チンネベリセンナ」の名前が付けられており、小葉を生薬「センナ葉」と称します。高温、乾燥、強日射を好むため、湿潤な日本の気候に適合しにくく、かろうじて標本植物として温室栽培などで維持されています。瀉下作用と刺激作用は広範かつ強烈なので、即効性の便秘薬(峻下剤)として用いられています。センナに含まれるセンノシドは胃や小腸で消化されず、大腸に達してから腸内細菌によってレインアンスロンに分解され、瀉下効果を現します。副作用として、しばしば腹痛を伴うことがあるため、慎重に使用することが重要です。同属植物のアレキサンドリアセンナ(S. alexandrina Mill.)はアフリカ東北部のナイル川中流域に産する。日本に輸入されるのは「チンネベリセンナ」が大半であり、欧米では「アレキサンドリアセンナ」が多く用いられています。

豆果は、扁平長楕円形、長さ約6.5cm程度です。

種子は倒卵形(とうらんけい)で扁平(へんぺい)です。

葉を乾燥させたものが生薬「センナ葉」として用いられる。