植物のご紹介

コウホネ

コウホネ

Nuphar japonicum DC スイレン科(Nymphaeaceae)
生薬名:センコツ(川骨)  薬用部位:根茎
全国各地の池、沼、小川に見られる多年草です。葉には水に浸かっている沈水葉と水面上に伸びる抽水葉とがあり、葉を展開し終えた5~7月に開花します。水中の根茎は一年に数センチしか伸長せず、成育が遅い植物としても知られています。生薬「川骨」は本種の根茎を縦割りしたもので、ヌファリジン(アルカロイド)などを含み、利尿、うっ血性浮腫抑制などの作用があり、一般用漢方製剤294処方のうち治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)の1処方に配合されます。

5月中旬頃より、鮮やかな黄色の花を咲かせます。

泥の中で伸びた根茎は白い多孔質で、動物の骨に似ているため、「川骨」の名が付けられた。

市販されている川骨