植物のご紹介

センブリ

センブリ

Swertia japonica Makino リンドウ科(Gentianaceae)
生薬名:センブリ(当薬) 薬用部位:開花期の全草
日本、朝鮮半島、中国に分布する二年草で、全草に強い苦味があります。初秋のころ、草丈10~20cmになり、白い星状の花をつけます。生薬「当薬」は本種の開花期の全草を乾燥させたもので、スウェルチアマリン(苦味配糖体)などの成分を含み、苦味健胃作用などがあります。一般用漢方製剤には利用されませんが、民間薬として健胃薬や整腸薬に配合されるほか、育毛剤にも配合されるなど広く利用されています。和名の「センブリ」は、「千回煮出しても、まだ苦味が残っている」ことに由来します。

生育1年目は茎の節間が短いロゼット状になります。

全草を乾燥させたものが生薬の当薬(トウヤク)です。

陶器製の茶瓶で煮出せばセンブリ茶を作ることができます。