植物のご紹介

オニバス

オニバス

Euryale ferox Salisb. スイレン科(Nymphaeaceae)
生薬名:芡実(ケンジツ)  薬用部位:種子
本州、四国、九州および朝鮮半島、中国、台湾、インドなどに分布する浮葉性の一年草で、絶滅危惧種に指定されています。種子は滋養強壮に用いられます。また多量のデンプンが含まれるため、かつてはお餅に入れて食用にもされていました。

7月上旬から秋まで美しい紫色の花を咲かせますが、花茎には鋭いトゲがあります。

葉の裏にも鋭いトゲが生えていますが、花にも劣らぬ鮮やかな紫色です。

種子の生薬名は芡実(ケンジツ)と言います。