植物のご紹介

ラッキョウ

ラッキョウ

Allium chinense G.Don ユリ科(Liliaceae)
中国の揚子江流域に原産する多年草です。草丈30~60cmの細長い葉を伸ばし、地中に形成される長卵形の球根(りん茎)が食用になります。非常に古くから栽培されていたらしく、日本でも徳川時代にはすでに栽培されていたという記録が残っています。成分に含まれる硫黄化合物には、疲労回復効果や食欲増進、発汗、胃腸の働きを活発にする働きがあります。また、炎症を鎮める物質も含まれており、強力な殺菌作用があって風邪のひきはじめに有効です。さらに、アリインという成分はビタミンB1と結合して、長く血液中に留まり、血中脂肪の燃焼を盛んにし、コレステロール値の上昇を抑制します。比較的多く含まれるカリウムは、余分のナトリウムを体外に排出します。

砂地で栽培されたりん茎を掘上げて食用に供します。

ラッキョウ1kgを、一旦沸騰させたお酢(180ml)と塩(90g)と水(700ml)を用いて塩漬けした後、本漬け(砂糖200g、お酢400ml、塩20~40g、水300ml、赤唐辛子2本)すると美味しい酢漬けに仕上がります。

同属のイトラッキョウ(A. virgunculae F.Maek. et Kitam. )は長崎県の固有種です。