植物のご紹介

ボタン

ボタン

Paeonia suffruticosa Andr. ボタン科(Paeoniaceae)
生薬名:ボタンピ(牡丹皮)   薬用部位:根皮
中国西北部に分布する落葉低木です。日本へは平安時代に中国から渡来し、薬用として栽培されるようになりました。草丈50~100cmになり、4~5月に花を咲かせます。生薬「牡丹皮」は本種の根皮を乾燥させたもので、ペオノールなどの成分を含み、駆瘀血(血液が滞って巡らない状態を改善すること)、抗菌作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)など20処方に配合されています。

下腹部の腫れや痛みで座り込んでしまう症状を改善することから、「座れば牡丹・・・」と言われたとの説があります。

ボタンは、シャクヤクを台木にして接木繁殖します。

牡丹皮は心を抜き取った根皮なので中空状になります。