植物のご紹介

ダイオウショウ

ダイオウショウ

Pinus palustris Mill. マツ科(Pinaceae)
北米の南東部諸州に原産する常緑の針葉高木で、低湿地にも生育し、樹脂を採取するために栽培されています。日本で一般的なアカマツやクロマツは葉が2本、ゴヨウマツは5本ですが、ダイオウショウは3本(三葉松)が束になって生じており、幼木時は特に美しいので切り枝が花材として市販されています。

枝先に針葉が房状に垂れ下がって特異な姿になります。

葉は3本づつ出る三葉松で、長さは20~40cmにもなります。

果実(球果)は長楕円形で大きく、長さ15~25cmになります。