植物のご紹介

クサノオウ

クサノオウ

Chelidonium majus Linn. var. asiaticum Ohwi ケシ科(Papaveraceae)
日本の各地、中国、朝鮮半島などの日当たりのよい低地に分布する二年草で、高さは30~80cmになります。開花期は5~7月で、枝先に黄色花を散形状につけます。生薬「白屈菜(はっくつさい)」は、本種の全草を乾燥させたもので、アルカロイドのケリドニンなどの成分を含み、鎮痛、消炎作用などがあります。しかしながら、末梢神経麻痺作用なども有す有毒植物ですので、内服は危険です。民間薬では専ら湿疹などの皮膚疾患の外用薬として用いられており、「湿疹(くさ)の王」から本種の和名が付けられたという説があります。

果実は長さ3~5cmで、細長く直立します。

茎や葉を切ると黄色の乳液を出すことから「草の黄」という和名が付けられたという説もあります。

鎮痛、消炎作用を期待して、中国では生薬「黄連(オウレン)」の代用品として用いられています。