植物のご紹介

ガマ

ガマ

Typha latifolia Linn.    ガマ科(Typhaceae)
中国、朝鮮半島、日本に分布する多年草で、湖沼の湿地帯などに自生しています。草丈1~2mとなり、7月頃に開花します。穂状花序の上部には雄花序、下部には雌花序が形成されます。雄花序に形成される花粉は「蒲黄(ほおう)」と呼ばれ、イソラムネチン配糖体(フラボノイド)などを含み、止血、収れんなどの作用があります。古事記の「因幡の白うさぎ」に登場する「ガマの穂綿」は花粉ではなく成熟した雌花序が綿状になったもので、穂綿には薬効がありません。

花粉は、開花時に雄花序を切り取って乾燥してから採取します。

コガマ(T. orientalis C.Presl)はガマより小型で、花粉には同様の作用があります。

ヒメガマ(T. australis Schumach.)では、雄花序と雌花序が離れて形成されます。