植物のご紹介

アサガオ

アサガオ

Ipomoea nil (Linn.)Roth.
〔局方〕Pharbitis nil Choisy
ヒルガオ科(Convolvulaceae)
生薬名:ケンゴシ(牽牛子) 薬用部位:種子
中国南部から東南アジアにかけて分布するつる性の一年草で、草丈は1.5~2.5mとなります。日長が15時間を切ると花芽を分化する習性があり、我が国では7月下旬~8月上旬に開花し始めます。日本へは 奈良時代~平安時代に伝わったとされ、江戸時代に入って紫色、赤色、茶色などの花が作出されました。生薬「牽牛子」は本種の種子で、ファルビチン(脂配糖体)などの成分を含み、緩下作用があります。一般用漢方製剤294処方のうち、八味疝気方(はちみせんきほう)1処方に配合されています。

「牽牛子」の「牽牛」はアサガオを意味しますが、その由来は「夜空に牽牛星が現れる七夕のころに花が咲くため」など諸説あります。

熱帯アメリカに分布するマルバアサガオ(I. purpurea (Linn.)Roth)の種子にも同様の作用があり、中国では生薬「牽牛子」として扱われます。

チョウセンアサガオ(Datura metel. Linn.)はナス科に属する植物で、アサガオの近縁種ではありません。