植物のご紹介

アミガサユリ

アミガサユリ

Fritillaria verticillata Willd.
〔局方〕Fritillaria verticillata Willd. var. thunbergii Baker
ユリ科(Liliaceae)
生薬名:バイモ(貝母) 薬用部位:りん茎
中国に分布する多年草で、草丈は60~80cmとなります。 「りん茎」とよばれる球根は夏季の休眠後、10月頃から地中で発芽・発根し始め、早春に急速に茎葉を伸長して4月頃に開花します。生薬「貝母」は、りん茎外側のコルク層を剥がして日干しまたは石灰を塗して乾燥したものです。ペイミン(アルカロイド)などの成分を含み、鎮咳、去痰作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、滋陰至宝湯(じいんしほうとう)、清肺湯(せいはいとう)など4処方に配合されています。

和名は、貝のような2枚のりん片が子どもを抱く母ににていることに由来します。

白色の充実した生薬が良い品質のものとされます。

F. imperialis Linn.など、Fritillaria属の多くには去痰作用があります。