植物のご紹介

ケイガイ

ケイガイ

Schizonepeta tenuifolia Briquet シソ科(Lamiaceae)
生薬名:ケイガイ(荊芥穂) 薬用部位:花穂
中国に分布する一年草で、草丈は100~150cmとなり、9~10月に開花します。英名をJapanese Catnipと言います。生薬名は「荊芥穂」と書いて「ケイガイ」と読みます。花が咲き切らないうちに採取、乾燥した花穂を生薬とし、メントン(精油)などの成分を含み、鎮痛、抗炎症作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)など13処方に配合されています。

ケイガイの花穂は穂状花序と呼ばれ、同じシソ科のシソやエゴマなどに見られる総状花序とは異なります。

種子は非常に小さく、種まきが困難なもののひとつです。

中国では、ユーラシア大陸に広く分布するイヌハッカ(Catnip、Nepeta cataria Linn.)を「仮荊芥」として「荊芥」の代用とします。