植物のご紹介

ハマスゲ

ハマスゲ

Cyperus rotundus Linn. カヤツリグサ科(Cyperaceae)
生薬名:コウブシ(香附子) 薬用部位:根茎
熱帯~亜熱帯にかけて分布する多年草です。草丈は20~40cmとなり、8~9月に開花します。地中に根茎を伸ばして繁殖し、その一部が球茎状に肥大するのが特徴です。生薬「香附子」は本種の根茎を乾燥させたもので、シペロール(精油)などの成分を含み、鎮痛、利胆作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、香蘇散(こうそさん)、香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)など19処方に配合されています。

土中に根茎を伸ばして旺盛に繁殖することから、駆除が難しい雑草でもあります。

生薬「香附子」は、胃腸薬様の爽やかな香気があることから名づけられたと言われています。

生薬「香附子」は、形が「附子」に似ているとされています(左が香附子、右が附子)。