植物のご紹介

カギクルマバナルコユリ

カギクルマバナルコユリ

Polygonatum sibiricum Delar. ex Redouté ユリ科(Liliaceae)
〔局方〕Polygonatum sibiricum Redouté
生薬名:オウセイ(黄精) 薬用部位:根茎
中国に分布する多年草で、草丈150~200cmになり、5~6月に開花します。和名は、葉の先端がかぎ状に湾曲していること及び葉が茎に車輪状に着生していることに由来します。生薬「黄精」は本種の根茎を通例、蒸してから乾燥させたもので、シビリコシド(トリテルペン)などの成分を含みます。滋養強壮作用などがあり、種々の強壮ドリンク剤などに配合されます。

生薬「黄精」は黒く硬質の塊状をしています。

葉の先端はかぎ状に巻いています。

茎には7枚の葉が輪生しています。


「黄精」の基原植物には本種以外に写真のナルコユリ(P. falcatum A. Gray)のほか2種があります。