植物のご紹介

イカリソウ

イカリソウ

Epimedium grandiflorum C.Morren var.thunbergianum (Miq.)Nakai メギ科(Berberidaceae)
生薬名:インヨウカク(淫羊藿) 薬用部位:地上部
北海道南部から本州の太平洋側に分布する多年草で、樹林下の木漏れ日があたるような場所に生育します。草丈30~50cmになり、4~5月に四爪錨(よつめいかり)に似た花を咲かせることから和名がつけられました。生薬「淫羊藿」は本種の地上部を乾燥させたもので、イカリイン(フラボノイド)などの成分を含みます。強壮、強精作用などがあり、滋養強壮のドリンク剤や薬用酒に配合されます。

乾燥させた葉は、紙質で砕けやすいのが特徴です。

黄色い花を咲かせるキバナイカリソウ( E. grandiflorum C.Morren ssp.koreanum (Nakai)Kitam. )は、日本だけでなく韓国にも分布します。

中国に分布するホザキイカリソウ(E. sagittatum Maxim.)は小さく目立たない花を咲かせます。