植物のご紹介

ヨモギ

ヨモギ

Artemisia princeps Pamp.  キク科(Asteraceae) 〔局〕キク科(Compositae)
生薬:ガイヨウ(艾葉) 薬用部位:葉および枝先
日本、中国に分布する多年草です。草丈60~120cmになり、9~10月頃に多数の頭花をつけます。生薬「艾葉」は本種の葉を乾燥させたもので、1,8シネオール(モノテルペノイド)などの成分を含み、止血、抗菌作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち痔の出血を止め、出血に伴う貧血、めまいなどを改善する芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)にのみ配合されています。葉の裏には綿毛があり、お灸に使われるモグサは乾燥した綿毛を集めて固めたものです。薬用、食用として昔から馴染みの深い植物です。

生薬は、葉を乾燥させたもので、しばしば細い茎も含まれます。

オオヨモギ(A . montana (Nakai) Pamp.)も生薬「艾葉」として用いられます。

葉は、よもぎ餅や浴湯剤など、古くから利用されています。