植物のご紹介

ウド

ウド

Aralia cordata Thunb. ウコギ科(Araliaceae)
生薬名:ドクカツ(独活) 薬用部位:根茎
日本、朝鮮半島、中国に分布する多年草です。草丈50~150cmになり、8~9月に花を咲かせます。生薬「独活」は本種の根茎を乾燥させたもので、オストール(クマリン)などの成分を含み、鎮痛、消炎、利尿、発汗作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、独活湯(どくかつとう)など7処方に配合されています。若芽や若葉は春の山菜として食卓を彩ります。

「ウドの大木」という諺がありますが、ウドは木本植物ではなく草本植物です。

食料品店で販売されている白いウドは、光をあてずに柔白栽培されたものです。

同属のタラノキ(A. elata Seem.)は、樹皮や根皮が薬用に、新芽が食用になります。