植物のご紹介

ハシリドコロ

ハシリドコロ

Scopolia japonica Maxim. ナス科(Solanaceae)
生薬名:ロートコン  薬用部位:根茎および根
日本の本州、四国、九州に分布する多年草で、山地の湿り気のある林中に見られます。草丈は30~60cmで、早春に芽生え、4~5月に釣鐘状の花を咲かせ、7月頃には地上部が休眠します。生薬「ロートコン」は、本種やその他同属植物の根茎および根を乾燥させたもので、消化液の分泌抑制、鎮痛、鎮痙などの作用があります。一般用漢方製剤には利用されませんが、これらを原料とするロートエキスは、胃酸過多、胃痛、胃痙攣などに利用されています。全草にアトロピンなどを含み、大脳皮質の中枢を興奮させ、めまいや幻覚を引き起こします。これら症状により苦しんで走り回ることから、本種の和名が付いたといわれています。

ヨーロッパ東部に分布するセイヨウハシリドコロ(S. carniolica Jacq.)も生薬「ロートコン」の基原植物です。

新芽がフキノトウに似るため、誤食されて中毒を起こす事故が報告されています。

薬用部位の根茎および根は、地上部が休眠する前の5~6月に掘り上げます。