植物のご紹介

ヨロイグサ

ヨロイグサ

Angelica dahurica Benth. et Hook. セリ科(Apiaceae) 〔局〕セリ科(Umbelliferae)
生薬名:ビャクシ(白芷) 薬用部位:根
日本、朝鮮半島、中国、シベリア東部に分布する多年草です。草丈120~150cmになり、6~7月に花を咲かせます。生薬「白芷」は本種の根を乾燥させたもので、ビャクアンゲリコール(クマリン)などの成分を含み、解熱、鎮痛、解毒、排膿作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、五積散(ごせきさん)、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)など15処方に配合されています。奈良県で生産栽培されている生薬は、「大和白芷」の名称で流通しています。

抽台すると鎧(よろい)のような姿になり、花が咲いたら枯れていきます。

一般に種子と呼ばれているのは果実の部分で、中央にスジの入った部分が種子にあたります。

生薬「白芷」の「芷」は中国語でヨロイグサを意味します。