植物のご紹介

オケラ

オケラ

Atractylodes japonica Koidzumi ex Kitamura  キク科(Asteraceae) 〔局〕キク科(Compositae)
生薬:ビャクジュツ(白朮) 薬用部位:根茎
日本および朝鮮半島に分布する多年草です。草丈30~60cmになり、9~10月に花を咲かせます。花色は、開花初期では淡紅色で、序々に白色へと変化していきます。生薬「白朮」は本種およびオオバナオケラ(A. ovata De Candolle)の根茎を乾燥させたものです。アトラクチロン(セスキテルペノイド)などの成分を含み、健胃、利尿作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち65処方に配合されていますが、そのうち45処方は白朮だけでなく、同じような薬効を期待して使われる蒼朮(そうじゅつ)を用いても良いとされています。京都市の八坂神社では、大晦日から元旦にかけて白朮が焚かれる「白朮祭(をけらさい)」が行われます。参拝者は無病息災を祈りその火を持ち帰ります。

オケラ、オオバナオケラの生薬は、それぞれ「和白朮」、「唐白朮」と区別されることがあります。

オオバナオケラは、オケラと比べ頭花が大きく、花色は淡紅色です。

ホソバオケラ(A. lancea De Candolle)は生薬「蒼朮」の基原植物であり、オケラより葉が細いのが特徴です。