植物のご紹介

ゴマ

ゴマ

Sesamum indicum Linn. ゴマ科(Pedaliaceae)
生薬名:ゴマ(胡麻) 薬用部位:種子
アフリカ大陸に分布する一年草です。草丈は約1~2mとなり、夏に鐘状の花をつけ、下部から次々に開花します。日本には6世紀ごろ伝来し、当時から重要な作物として栽培されていました。種子の色により黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマなどに分類されます。生薬の「胡麻」は、成熟種子を乾燥させたものです。セサミン、セサミノール(ともにセサミン)などを含み、滋養強壮・解毒作用があります。一般用漢方製剤294処方のうち、かゆみの強い皮膚病などに用いられる消風散(しょうふうさん)に配合されています。また種子から採れるゴマ油は、紫雲膏などの軟膏基剤などとして4処方に配合されています。

黒ゴマはうすいピンク色の、白ゴマは白色の花をつけます。

生薬の胡麻は、通常黒ゴマを使用し、虚弱体質や便秘などに用いられます。

油脂の割合が最も多いのは白ゴマで、ゴマ油は一般的に白ゴマから作られます。