植物のご紹介

ボウフウ

ボウフウ

Ledebouriella seseloides H.Wolff セリ科(Apiaceae)
〔局〕Saposhnikovia divaricata Schischkin セリ科(Umbelliferae)
生薬名:ボウフウ(防風) 薬用部位:根及び根茎
中国北部からシベリアに分布する多年草です。草丈40~60cmになり、7~8月に花を咲かせます。日本には江戸時代の享保年間に渡来しました。生薬「防風」は本種の根及び根茎を乾燥させたもので、フラキシジン(クマリン)などの成分を含み、鎮痛、解熱作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、桂枝芍薬知母湯(けいししゃくやくちもとう)、独活湯(どくかつとう)のほか、肥満体質の改善を期待して用いられる防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)など25処方に配合されています。

移植を嫌い、比較的冷涼な気候での栽培を好む薬用植物です。

奈良県大宇陀の森野藤助氏が生薬を得るために栽培し始めたので、「トウスケボウフウ」の別名があります。

ハマボウフウ(Glehnia littoralis F.Schm. ex Miq.)は、インペラトリンなどの成分を含み鎮痛、解熱作用があることから、ボウフウの代用品として使われていました。