植物のご紹介

ウラルカンゾウ

ウラルカンゾウ

Glycyrrhiza uralensis Fisch マメ科(Fabaceae)
生薬名:カンゾウ(甘草)   薬用部位:根・ストロン
中国からヨーロッパ南部に分布する多年草で、根を地中深くに伸ばし、また浅い地中の四方へストロンを伸ばします。根とストロンは、甘味成分のグリチルリチン(トリテルペン配糖体)などを含み、鎮痛、鎮痙、去痰、矯味作用があります。一般用漢方製剤294処方中で葛根湯(かっこんとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)など最も多い212処方に配合される生薬原料です。さらに、塩分を減らす目的で、市販の味噌・醤油などにも多用されていますので、中国、モンゴル、アフガニスタンなどから年間数千トン以上が輸入されています。

5月下旬頃よりマメ科特有の花を咲かせます。

栽培で得られた甘草の根

市販されている生薬