植物のご紹介

ダイダイ

ダイダイ

Citrus aurantium Linn. ミカン科(Rutaceae)
(局方)Citrus aurantium Linn. var. daidai Makino                           
生薬名:キジツ(枳実)・トウヒ(橙皮) 薬用部位:未熟果実・果皮
インド原産の常緑小高木です。枳実はナリンギン(フラボノイド)などの成分を含み、健胃作用を有し、胸腹部のつかえ、膨満感などに効果があり、一般用漢方製剤294処方のうち、大柴胡湯(だいさいことう)、四逆散(しぎゃくさん)など27処方に配合されています。また枳実は古いものをよいとする六陳(りくちん:枳実、呉茱萸、陳皮、半夏、麻黄、狼毒)の一つです。橙皮は果皮を乾燥させたものでリモネン(精油)が含まれ、芳香性苦味健胃薬として、種々の胃腸薬に配合されています。和名は、果実が代々年を越して樹上に残ることからつけられた説もあり、正月の飾りとして用いられます。またダイダイの果汁はナマコの酢の物料理には欠かせません。

5~6月に白色の花をつけます。

枝にはよく見ると鋭い棘が多く見られます。

未熟果実をそのまま、またはそれを横半分に切って乾燥したものが生薬「枳実」です。