植物のご紹介

ガジュツ

ガジュツ

Curcuma zedoaria Roscoe ショウガ科(Zingiberaceae)
生薬名:ガジュツ(莪蒁) 薬用部位:根茎
インドおよびマレーシアに分布する多年草です。草丈は約1mとなり、我が国では夏に花が咲きます。日本には1700年代に渡来し、現在でも沖縄県や鹿児島県の種子島などで栽培されています。生薬「莪蒁」は、掘り上げた根茎を水洗いし、湯通しした後に乾燥させたものです。クルゼレノン(精油)、クルクメノン(セスキテルペノイド)などを含み、芳香性健胃作用があり胃腸薬の原料となりますが、近年では健康補助食品などにも利用されています。清涼感のある香りがあり、味はわずかに辛く苦味があります。

根茎を湯通しして乾燥させたものが生薬「莪蒁」です。

生の状態の根茎の断面は緑~青または紫色を帯びています。

葉脈の主脈沿いが赤紫色を帯びます。