植物のご紹介

エンゴサク

エンゴサク

Corydalis yanhusuo Y.H.Chou et C.C.Hsu ケマンソウ科(Fumariaceae)
(局方)C. turtschaninovii Besser forma yanhusuo Y.H.Chou et C.C.Hsu ケシ科(Papaveraceae)
生薬名:エンゴサク(延胡索) 薬用部位:塊茎
中国東部に分布する多年草です。草丈10~20cmになり、3~4月に花を咲かせます。初夏には休眠に入り茎葉が枯れ、土中に球根状の塊茎を形成します。生薬「延胡索」は本種の塊茎を湯通ししてから乾燥させたもので、プロトピン(アルカロイド)などの成分を含み、鎮痙、鎮痛作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、安中散(あんちゅうさん)、牛膝散( ごしつさん )など8処方に配合されています。

10~11月に塊茎から生じた芽は冬のあいだ土中で伸長し続け、翌春に地上に芽を出します。

本種の花は、距(きょ)と呼ばれる管状の部分と唇形の花弁からなります。

生薬「延胡索」は、中国西域の「胡」の国から伝わったとされます。


北海道では同属で青い花を咲かせるエゾエンゴサク(C. fumariifolia Maxim.)が見られます。