植物のご紹介

オオバコ

オオバコ

Plantago asiatica Linn. オオバコ科(Plantaginaceae)
生薬名:シャゼンシ(車前子) 薬用部位:種子
生薬名:シャゼンソウ(車前草)  薬用部位:全草
アジア全域に分布する多年草です。草丈10~15cm前後になり、5月~10月の長期にわたり花を咲かせます。道端の雑草の代表格で、人馬に踏まれても負けずに生育する強靭な性質を有していることから轍草(わだちぐさ)の別名があります。生薬「車前子」は本種の種子でアウクビン(イリドイド配糖体)などの成分、生薬「車前草」は全草を乾燥させたものでプランタギニン(フラボノイド)などの成分を含み、いずれも去痰、鎮咳、水分代謝の改善などの作用があります。「車前子」は一般用漢方製剤294処方のうち、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)など5処方に配合されています。

黒褐色で充実した種子が良品とされます。

花期の全草を乾燥させたものが利尿、去痰作用の民間薬として用いられます。

同属のヘラオオバコ(P. lanceolata Linn.)はヨーロッパからの帰化植物です。欧州では止血、利尿を目的とした民間薬として本種の葉が用いられています。