植物のご紹介

ラベンダー

ラベンダー

Lavandura angustifolia Mill. シソ科(Lamiaceae)
地中海沿岸に分布する常緑低木で、茎は高さ50~100cmになります。花は6~7月に開花し、一般に青紫色を呈しますが、淡い紅紫色などもみられます。新鮮な花穂から取り出される精油は、酢酸リナリルやリナロールといった芳香成分を含み、鎮静作用があり、頭痛、めまい、不眠にも効果を発揮するほか、抗菌作用があるといわれています。本種は数あるラベンダーの仲間の基本種であり、(イングリッシュ・コモン・トゥルー)ラベンダーといったさまざまな名前で呼ばれています。また、冷涼な気候を好むため、北海道での栽培が有名です。

同種の園芸品種には白花もあります。

フレンチラベンダー(L. stoechas Linn.)は、花序にうさぎの耳のような苞葉をもつ暖地向きのラベンダーです。

ラベンダースティック(バンドル)は、長期間アロマを楽しむことができます。