植物のご紹介

ベニバナ

ベニバナ

Carthamus tinctorius Linn. キク科(Asteraceae)
生薬名:コウカ(紅花) 薬用部位:管状花
エジプトに分布する一年草です。草丈1m前後になり、6月下旬~7月上旬に開花します。日本への渡来は古く、延喜式(927年)にその名が登場します。江戸時代になると山形の最上地方での栽培が盛んになり、今でも「最上紅花」として生産されており、山形の県花にもなっています。生薬「紅花」は本種の管状花を乾燥させたものです。カーサミンなどの成分を含み、通経、駆瘀血などの作用があります。一般用漢方製剤294処方のうち、葛根紅花湯(かっこんこうかとう)、通導散(つうどうさん)など11処方に配合されています。生薬のほか、天然色素原料として食品や化粧品にも用いられています。

紅色が鮮やかで、黄色が少なく、香りのよいものが良品とされます。

管状花を発酵させていくと化粧品などの原料になる紅餅となっていきます。

種子を絞るとリノール酸が豊富なサフラワー・オイルが得られます。