植物のご紹介

ゴボウ

ゴボウ

Arctium lappa Linn. キク科(Asteraceae)
生薬名:ゴボウシ(牛蒡子)   薬用部位:果実
ヨーロッパからアジアにかけて分布する、草丈100~200cmになる二年草です。日本にはもともと自生種はありませんが、縄文時代の貝塚から果実が確認されていることから、非常に古い時代に渡来したものと考えられています。一定期間の低温にあうと花芽の分化が誘導され、夏季に花を咲かせて結実した後に枯れます。生薬「牛蒡子」は本種の果実を乾燥させたもので、アルクチイン(リグナン)などを含み、消炎、解熱、解毒作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)、消風散(しょうふうさん)など3処方に配合されています。

面ファスナーは野生ゴボウの総苞片をヒントにスイスで考案されたとのことです。

長さ5mmほどの黒い果実(生薬「牛蒡子」)が無数に形成されます。

通常、栽培期間が半年足らずのゴボウを一年かけて栽培することによって肥大させたものが「堀川ゴボウ」で、京都市左京区の一乗寺などで栽培されています。