植物のご紹介

ウコン

ウコン

Curcuma longa Linn. ショウガ科(Zingiberaceae)
生薬名:ウコン(鬱金) 薬用部位:根茎
インドに分布する多年草です。草丈1m前後になり、7~8月に開花します。日本には江戸中期(1700年代)に渡来し、現在は沖縄県や鹿児島県の種子島などで栽培されています。生薬「鬱金」は本種の根茎を乾燥させたものです。クルクミン(クルクミノイド)などを含み、利胆、肝保護作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、中黄膏(ちゅうおうこう)に配合されています。カレーやたくあんの色付けに用いられるターメリックとしても有名です。

本生薬に含まれているクルクミンには胆汁分泌を促進する働きがあります。

秋ウコンと呼ばれるウコンの根の断面は濃い黄色なのに対し、春ウコンと呼ばれるキョウオウ(C. aromatica Salisb.)の根の断面は明るい黄色、ガジュツ(C. zedoaria (Christm.)Roscoe)をしています。