植物のご紹介

レモングラス

レモングラス

Cymbopogon citratus Stapf イネ科(Poaceae)
インド原産で高さ1.5~2mになる多年草です。マレー半島、マダガスカル島、ブラジルなどの熱帯地域で広く栽培されています。高温多湿を好み、日本では冬は室内へ取り込んで越冬させます。全草に主成分としてシトラールを豊富に含み、強く爽やかなレモンの香りがします。葉および精油は、心身疲労による食欲不振、利尿、中枢神経の機能調節などに効果があり、また石鹸、クリーム、芳香剤にも利用されています。株元は、世界の三大スープに挙げられるタイの代表料理「トム・ヤム・クン」において特徴的な香りや味付けの役目を果たしています。生葉を刻んでお湯を注ぐとハーブティーとしても楽しめます。

温室の中で栽培し続けると、まれに花を咲かせます。

トム・ヤム・クンには欠かせない食材です。

近縁のコウスイガヤ(C. nardus Rendle)からはシトロネラ油が採れます。