植物のご紹介

トウガン

トウガン

Benincasa hispida Cogn. ウリ科(Cucurbitaceae)
〔局方〕B. cerifera Savi
生薬名:冬瓜子(トウガシ) 薬用部位:種子
トウガン属はトウガン一種からなる単型属で、熱帯アジアに分布するつる性の一年草です。晩夏から初秋が旬の野菜ですが、農家では納屋などで貯蔵することで冬の保存食としていることから「冬瓜」の和名がつきました。日本への渡来は「本草和名」(918年)に登場した10世紀頃とされ、以来、夏野菜として親しまれています。生薬「冬瓜子」は本種の種子を乾燥させたもので、トリゴネリン(アルカロイド)などの成分を含み、抗浮腫、利尿作用などがあります。一般用漢方製剤294処方のうち、大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)の1処方に配合されています。種子のほか、茎、葉、果皮も民間薬として用いられ、捨てる部分がほとんどありません。

カボチャに似た黄色い花を咲かせます(写真は雌花です)。

白い粉を吹く品種と粉を吹かない品種があります(写真は粉のない品種です)。

生薬「冬瓜子」には種子の表面がビロード状になったものと、滑らかなものとがありますが、薬効に差異はないといわれています。