植物のご紹介

ヤグラネギ

ヤグラネギ

Allium fistulosum Linn. var.viviparum Makino ユリ科(Liliaceae)
ネギ(A. fistulosum Linn.)は中国西部からシベリアにかけて分布している多年草で、本種はその変種とされています。ただし、自然に分化したものではなく、人間の手によって選抜されたのではないかと言われています。5月に花茎の頂点に形成される「珠芽(しゅが)」が櫓(やぐら)に似ていることからこの名前が付けられました。晩春~初夏に珠芽を植えつけることで容易に繁殖が可能です。葉にはアリシンなどを主成分とする精油を含み、発汗・利尿・健胃作用があります。

花の代わりに「珠芽(しゅが)」と呼ばれる球根状の芽が形成されます。

普通のネギは、ぼんぼり状の花を咲かせることから、一般にこれを「葱坊主」と呼びます。

群馬県特産の下仁田ネギは、葉の緑の部分(葉身)が短くずんぐりむっくりとした形態が特長です。