植物のご紹介

エゾネギ

エゾネギ

Allium schoenoprasum Linn. var.schoenoprasum ユリ科(Liliaceae)
北半球の温帯~寒帯に広く分布する多年草です。和名はエゾネギですが、ハーブ名のチャイブの方が一般的な名称です。西洋料理で用いられるハーブとしても有名ですが、葉と鱗茎(球根)には滋養強壮・健胃作用があります。近縁種(変種)のアサツキ(A. schoenoprasum Linn. var.foliosum Regel)は、九州を除く我が国とシベリアに分布し、薬味として使われています。

生ネギ(A. fistulosum Linn.)に比べると葉の断面が小さいことがわかります。

葉を刻んで肉料理などに用います。

変種のアサツキ(A. schoenoprasum var.foliosum Regel)はエゾネギに比べて花の数が少ないのが特長です。