植物のご紹介

カワラヨモギ

カワラヨモギ

Artemisia capillaris Thunb. キク科(Asteraceae)
生薬名:インチンコウ(茵蔯蒿)   薬用部位:頭花
本州、四国、九州、沖縄、朝鮮半島、中国などに分布する多年草で、日当りのよい砂地に生育します。このうち、河川沿いに自生するものは直立し、開花時の草丈は150cm前後、海岸に自生するものは地際から白い絹毛の密生した茎葉が伸びて地面をはうような草姿を示し、開花時の草丈は30cm前後になります。頭状花序(頭花)と呼ばれる小さな花の塊をつけ、ここにカピラリシン(クロモン)などの成分を含み、胆汁の分泌、消炎作用などがあります。一般漢方製剤294処方のうち、茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)など4処方に用いられます。

河川沿いに生育している個体は、直立の草姿となります。

海岸に見られる個体は、節間が詰まっているので草丈が低くなります。

9~10月に開花が見られます(円内が生薬の茵蔯蒿です)。