植物のご紹介

トウゴマ

トウゴマ

Ricinus communis Linn. トウダイグサ科(Euphorbiaceae)
生薬名:ヒマシ油(ヒマシユ)  薬用部位:種子
北部アフリカ原産の多年草ですが、通常わが国では越冬できないので一年草になります。種子から採れる脂肪油が「ヒマシ油」と呼ばれます。古代エジプトでは最古の医学文献に記載があり、病気に罹るのは悪魔が体内に入り込んだためと信じられ、それを体外に排除する目的で、激しく作用する「ヒマシ油」が下剤として利用されていたようです。今では透明感のある洗顔石鹸の原料として多用されています。

茎は高さ3mに成長し、8月中旬より開花が見られます。花序の先端部には雄花を、基部には雌花を着けます。

果実の外側にはトゲがあります。

ダニの形と模様をした種子から学名が付けられました。