植物のご紹介

シンシュウダイオウ

シンシュウダイオウ

Rheum coreanum Nakai × R . palmatum Linn. タデ科(Polygonaceae)
生薬名:ダイオウ(大黄) 薬用部位:根茎・根
大黄は、中国を中心に古来より緩下剤として、広く繁用されてきた重要生薬です。当社では、輸入生薬の国産化を進める中で、特に大黄の重要性に着目し、昭和28年以来、化学・薬理・栽培の三者一体となった研究を推進し、「シンシュウダイオウ」の開発育成に成功し、昭和63年には農水省に薬用植物の第一号として品種登録しました。この「信州大黄」はゆっくりと確実に効いて、お腹の痛くならない便秘薬として多くの方々に愛用され続けています。ジアントロン類のセンノシドA、アントラキノン類のレイン、エモジンなどを含み 瀉下、抗菌、抗炎症などの作用があります。一般漢方製剤294処方の大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)、乙字湯(おつじとう)など35処方に配合されています。

冷涼な北海道、長野県で栽培され、6月頃に高さ2m程度の花茎を伸ばして開花します。

薬用に利用される根茎と根は5kg前後の重量になります。

根茎には独特の錦紋が見られます。