>東日本大震災への取り組みについて >寄付による長期的な支援

寄付による長期的な支援

寄付活動の考え方

当社は、東日本大震災直後から、医薬品や寄付金の拠出など被災地に対する継続した復興支援活動に取り組んでおり、2014年1月までに、総額約40億円の拠出を決定しています。

時間の経過とともに変化する現地ニーズに対応できる柔軟な支援スキームを検討し、実践することが重要と考えています。

「日本を元気に・復興支援」

被災地の復興には長期的・継続的な支援が必要との認識から、アリナミン類の収益の一部を積み立て、年間約8億円を3年にわたって拠出する「日本を元気に・復興支援」を、2011年4月から実施しています。
支援先は「いのち・くらし」「産業復興」「次世代育成」「政策提言」の4分野を対象としています。

いのち・くらし

支援先プログラム名支援期間金額
日本NPOセンター

10年間(2011年~2020年) 12億円
中央共同募金会

5年間(2014年~2018年) 2億9,008万7,207円

第7次助成(2012年) 2,000万円
東日本大震災現地NPO応援基金

4年間(2012年~2015年) 2,000万円
日本クリニクラウン協会

6年間(2013年~2018年) 10,522,223円

産業復興

支援先プログラム名支援期間金額
経済同友会

4年間(2011.10~2015.7) 8億2,972万912円
東北ニュービジネス協議会

5年間(2012年~2016年) 2,000万円

次世代育成

支援先プログラム名支援期間金額
米日カウンシル

10年間(2011年~2020年) 1億8,000万円
教育支援グローバル基金

3年間(2011年~2013年) 6,000万円
ARK NOVA

3年間(2013年~2015年) 4,000万円
福島大学

1年間(2013年) 1,000万円

政策提言

支援先プログラム名支援期間金額
日本再建イニシアティブ

10年間(2011年~2020年) 5億円
日本医療政策機構

2年間(2012.10~2014.9) 2,500万円

関連ページ