>東日本大震災への取り組みについて >震災を風化させないために

震災を風化させないために

社内フォーラム・CSR説明会の開催

従業員にFace to Faceで被災地の状況や会社・従業員・労働組合などの震災への取り組みを紹介する「社内フォーラム」「CSR説明会」を、大阪本社、東京本社、湘南研究所、光・大阪工場および全国各営業所等で実施しています。ボランティア活動に参加した従業員の発表や、現地営業所からの活動報告など、当社が携わっている支援活動をテーマに、2015年2月現在までに38回開催しました。

参加者からは、「被災地の現状を知ることができた」、「被災地の支援を継続していく必要を感じた」、「タケダの社員であることを誇りに思った」、「ボランティアに参加してみようと思った」、「コミュニケーションの大切さを感じ、普段からコミュニケーションを取ろうと思った」という感想が寄せられました。

社内フォーラム 2014年3月13日:(東京本社)

 

情報共有の場としてのイントラネット

当社では社内イントラネットに「タケダ東日本大震災サイト」を立ち上げ、ボランティア活動などに関する情報を継続して発信しています。

ボランティアの参加募集や、被災地でのボランティア活動ガイドラインを掲載など、従業員が積極的に被災地とのつながりを持てるような情報を提供しています。

また、「わたしたちは3.11を忘れません」のページは、従業員が実際にボランティア活動に参加して実感したことなどを共有する場となっています。

タケダ東日本大震災サイト