>治験について >プラセボとは?

プラセボとは?

有効成分を含まない錠剤(プラセボ)をのむことがあるのですか

ヒトの体とプラセボ効果

ヒトの体には、とても不思議な一面があります。乳糖やでんぷんなど、くすりとしての効き目のないもので錠剤やカプセル剤をつくり、頭痛の患者に本物のくすりとして服用してもらう実験をすると、半数くらいの人が治ってしまうこともあります。くすり(に似たもの)を飲んだという安心感が、体にひそむ自然治癒力を引き出すのかもしれません。
これを「プラセボ効果」といいます。プラセボは、一般に偽薬(ぎやく)と訳されていますが、くすりに似せた気安めのものといってもいいでしょう。
では、プラセボがくすりの替わりになるのかといえば、それは違います。プラセボ効果は人によって差が大きく、効果が出るとは限らないため、積極的な治療効果が期待できません。それに対してくすりは、できるだけ多くの患者に安定して高い効果を発揮するようにつくられています。

くすりとプラセボの違い

その一つの例を、プラセボを利用した臨床試験にみることができます。臨床試験において治験薬の効果を調べるには、すでにある類似薬(対照薬)と比較する方法が、もっとも一般的です。かりに治験薬が、血圧を下げる効果をもつことを証明したい場合なら、すでに認可されている降圧剤のなかから類似した対照薬を選び、それと比較します。 しかし、治験薬がいままでにないタイプの新薬であったりした場合、比較すべき適当な対照薬がないこともあります。そうした場合には、外観や味を治験薬とまったく同じにしたプラセボをつくり、比較試験を行います。 そのさい、すでに述べたように、プラセボでもある程度の効き目がみられる可能性があります。そこで治験薬は、プラセボと比較してはっきりと上回る効き目があって、初めてくすりとして認められるのです。

比較試験の方法

比較試験を行う場合、被験者を二つのグループに分け、片方には治験薬を、もう一方には対照薬、あるいはプラセボを渡す方法がとられます。それぞれのグループごとに効き目、安全性、用法などのデータを集積し、両者を比較することで、治験薬を公正かつ客観的に評価するわけです。 そのとき、担当する医師にも被験者(患者)にも、渡されるくすりの区別がつかないようにしたうえで、第三者の作成した割り付け表にしたがって実施する方法を、「二重盲検法」といいます。もしも、渡されたくすりがどちらかわかってしまうと、とくにプラセボを使う場合には、そこに医師や患者の感情などが入ることも考えられます。二重盲検法はそうした可能性を除外し、公正で客観的なデータを得るためのものです。

  • 「続・くすりの常識 研究開発Q&A」 山崎幹夫(千葉大学名誉教授)監修 日本製薬工業協会 より抜粋