>CSR活動 >目標と実績 >2015年度の目標

2015年度の目標

国連GCアドバンストレベル基準ISO26000の中核主題

2015年度の目標

基準1~2/19~21組織統治 CSRに関する従業員の認知・意識の向上(継続)
ステークホルダー・エンゲージメントの継続実施
人権
人権
基準3~5
人権

研究・開発・購買・販売など各業務プロセスにおける人権に関する社内規則の遵守(継続)

労働慣行
労働
基準6~8
労働慣行 ダイバーシティの推進の強化(継続)
グローバルリーダーの早期育成促進(継続)
ワーク・ライフ・バランスの推進(継続)
環境
環境
基準9~11
環境 武田薬品グループ環境自主行動計画の推進(継続)
グローバルEHSガイドラインおよびチェックリストに基づいた内部監査の実行
環境・防災管理体制の強化充実(継続)
社員全員参加の省エネルギー活動の推進(継続)
環境・防災意識の高揚と教育訓練の充実(継続)
生物多様性への取り組みの推進(継続)
公正な事業慣行
腐敗防止
基準12~14
公正な事業慣行

コンプライアンスモニタリング活動の改善

タケダサプライヤー行動規準の策定
サプライヤーのリスク管理およびCSRの取り組みに関する評価と改善を目的とした、新たなグローバルプロセスの実施
消費者課題 違法オンライン薬局の監視と必要に応じた法的措置の継続

違法な医薬品の販売の撲滅に向けた各国の警察機関、規制当局への協力

サプライチェーン安全性確保

医療関係者向け広告資材作製プロセスの改善と社内での徹底

ホームページを通じた当社製品服用の患者さんに対する適切な情報伝達

治療や予防に関する幅広い情報提供(継続)
コミュニティ参画および発展
企業市民活動
基準15~18
コミュニティ参画
および発展
東日本大震災による被災地への継続的な支援(継続)
保健医療分野における企業市民活動の推進(継続)
医療の発展に資する幅広い分野への助成(継続)
NGO/NPOとのパートナーシップ(継続)
企業市民活動に関する基本ポリシーの周知活動の実施(継続)

グローバル寄付ガイドラインの周知活動の実施(継続)

国内従業員に対するボランティア活動機会の提供(継続)