>CSR活動 >タケダのCSR活動 >戦略的エンゲージメント

戦略的エンゲージメント

タケダは、多様なコミュニティやステークホルダーとの対話を通じて、CSRに関わる長期トレンドや現在および将来におけるタケダに対する期待を把握するように努め、全体像を認識したうえで、CSR活動を実践しています。

ESG(環境・社会・ガバナンス)等評価機関

Dow Jones Sustainability IndexやFTSE4GoodをはじめとするSRI(社会的責任投資)インデックスからの調査を通じて、CSRのトレンドや投資家、NGOが製薬企業に期待している事項を把握しています。保健医療アクセス問題への対応については、シンガポールにある新興国市場のマーケティング部門に専門部署を設け、Access to Medicine財団に代表される、保健医療アクセスを評価する機関からの調査に対応します。

SRI(社会的責任投資)インデックスへの組み入れ状況(2015年6月末現在)

  • Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index(米国:S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社)
  • FTSE4Good(英国:FTSEインターナショナル社)
  • モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)(日本:モーニングスター社)

  • ATM Index Access to Medicine財団による医薬品アクセス貢献度ランキング
  • ステークホルダー・エンゲージメント ステークホルダー・エンゲージメントとは、ステークホルダーの関心事項を理解し、企業活動や意思決定に反映する取り組みを意味します。

ステークホルダーとの対話

開示した情報を適切に発信し、AA1000の基準を活用して、対話の質を高めます。
また、相談や苦情を受け付ける窓口を設置して、適切に対応することで、改善活動につなげます。

タケダのステークホルダー対話方法所管部門

患者さん・
医療従業者の皆さん

  • 国際会議への参加
  • 医薬情報活動
  • くすり相談室、ホームページなどを通じた情報提供
  • 健康講座などの開催
  • 広告を通した情報提供

CCPA、
くすり相談室など

株主・投資家の皆さん
  • アニュアルレポート、ホームページなどを通じた情報提供
  • 株主総会、投資家説明会
  • IR活動
  • 社会責任投資家からのCSRアンケート対応
IR、CCPAなど
社会
  • NGO/NPOと協働したプログラムの実施
  • 経済団体、業界団体を通じた諸活動
  • 社会人・学生を対象にしたCSR講演
  • 意見交換会(ダイアログ)
  • ボランティア活動
CCPAなど
環境
  • 工場・研究所周辺の地域住民の皆さんとの対話
  • アニュアルレポート、ホームページなどを通じた情報公開
各工場・研究所の担当部門など

取引先

  • タケダ・グローバル行動規準やタケダ・サプライヤー行動規準に基づいた誠実な購買活動の実践
  • 取引先アンケート調査の実施
  • 意見交換会、説明会、勉強会
  • お問い合わせ窓口
各組織の購買担当部門など
従業員
  • 従業員グローバルアンケート調査
  • タケダグローバル行動規準
  • Voice of Takeda System(VTS)
  • 労使協議
  • カウンセリング
  • タケダイズム実践月間の実施
  • 能力開発に資する多様な研修
人事関連部門、
法務部門など

ステークホルダーとは、企業の事業活動により影響を受ける、または企業の活動に影響を与える、すべての関係者(存在)を意味します。

AA1000 英国アカウンタビリティ社が発行した、説明責任に関するガイドライン