>CSR活動>労働>トピックス

トピックス

ベスト・イン・クラスに関するグローバル調査

タケダは2015年6月に、「従業員の目から見たベスト・イン・クラスの会社」の実現をテーマに、グループ全従業員を対象としたグローバル調査を実 施しました。調査票は33の言語で作成され、オンライン、モバイル、紙ベースのいずれかを選んで回答できるシステムとなっています。その調査結果に基づいて、世界レベルの研究開発力を有し、世界中の患者さんおよび医療関係者を第一に考える「ベスト・イン・クラス」の製薬企業を目指す挑戦を展開していきます。

33言語調査票を作成した言語数