>CSR活動>腐敗防止への取り組み

腐敗防止への取り組み

腐敗防止に関連するグローバルポリシーを整備し、遵守する取り組みを継続しています。

タケダは、各国の法令や「IFPMAコード・オブ・プラクティス」( IFPMAコード)などを遵守するのはもちろん、タケダイズムに基づく高い倫理観・道徳観をもって、世界の人々の顴骨と安全を最優先において活動しています。
事業活動における、贈収賄行為に対するタケダの「ゼロ容認」ポリシーを強く打ち出した贈収賄禁止グローバルポリシーを制定しています。

タケダは、各国の状況に合わせてポリシーを実効的に運営し、遵守するために、「標準業務手順書(SOP)」制定につき継続的に取り組んでおり、リスクの高い事業活動におけるポリシーや手続の遵守を評価する包括的なモニタリングプログラムも実施しています。今後も、さらなるコンプライアンスの徹底を図るとともに、常に患者さんを中心に考えるベスト・イン・クラスかつサステナブルな、コンプライアンスプログラムを目指して、コンプライアンスに関するリスクアセスメントを実施していきます。