>CSR活動>タケダの企業市民活動>アフリカにおける3大感染症への取り組み〜タケダ・イニシアティブ

アフリカにおける3大感染症への取り組み〜タケダ・イニシアティブ

「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」を通じてケニア・タンザニア・ナイジェリアの保健医療人材の育成に2010年から10年間にわたって年間1億円の寄付を継続します。

2010年3月、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(グローバルファンド)を通じてアフリカにおける保健医療人材の育成・強化を図る寄付プログラム「タケダ・イニシアティブ」を立ち上げました。

現在、三大感染症といわれるエイズ、結核、マラリアにより、世界で年間約数百万人の尊い命が奪われています。途上国においては、その発展・成長に対する大きな阻害要因ともなっており、これらの感染症への対策が、国際社会の重要な課題と位置付けられています。特にアフリカでは、保健医療人材の不足が非常に深刻であり、感染症を克服するために必要な保健サービスの提供に支障を来しています。

そこで、タケダは、グローバルファンドのアフリカ支援プログラムのうち、保健医療人材の育成・強化を中心とした保健システム強化に向けた取り組みを支援することとしました。

寄付金額は年間1億円で、2010年~2019年までの10年間継続します。主な使途内容は、タンザニア(対象疾病:マラリア)、ナイジェリア(対象疾病:エイズ)、セネガル*(対象疾病:結核)の3ヵ国のプロジェクトへの支援となっています。
*2014年より対象国がセネガルからケニアに変更になりました。

「タケダ・イニシアティブ」は、これまでタケダが十分な貢献ができていなかった途上国への支援強化に資するものです。また、国連グローバル・コンパクトの理念に基づいた実践、かつ、国連ミレニアム開発目標(MDGs)が主要な課題に掲げる「三大感染症の蔓延防止」の具体的な実践の一つとして位置づけています。

プログラム概要

世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)(日本国内における寄付の受け入れ機関は、グローバルファンド日本委員会事務局である(公財)日本国際交流センター)

■寄付金額

年間1億円(2010年~2019年までの10年間継続)

■内容

世界エイズ・結核・マラリア対策基金が推奨する以下の3ヵ国のプロジェクトのうち、保健医療人材の育成・強化を中心とする保健システム強化の支援

タンザニア(対象疾病 マラリア)
殺虫剤浸漬蚊帳の全国普及プロジェクト
・蚊帳配布システムの強化や蚊帳使用の普及に携わる人材の育成・強化など

ナイジェリア(対象疾病 エイズ)
包括的エイズ治療・ケア・サポートの拡充プロジェクト
・エイズ患者・遺児の地域ケアや、差別、偏見をなくす啓発活動を担うNPO・住民組織の研修など

セネガル*(対象疾病 結核)
結核対策強化プロジェクト
・結核診断・治療にあたる医師や技師の育成・強化など
*2014年より対象国がセネガルからケニアに変更になりました。
グローバルファンドの日本における広報や啓発活動への協力

世界エイズ・結核・マラリア対策基金とは

世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)は、エイズ・結核・マラリア対策のために資金調達、資金供給を行う機関で、スイス・ジュネーブに拠点を置いています。2000年のG8九州沖縄サミットで日本政府が感染症対策を主要課題としたことが発端となり、2002年にコフィ・アナン前国連事務総長とG8諸国の呼びかけにより設立されました。これまでに、世界140カ国以上に年間約40億ドルの支援をしており、それらの事業により、730万人のエイズ患者と1230万人の結核患者に治療が提供され、マラリア対策として殺虫剤浸漬蚊帳が4.5億張提供されるなど、各国の感染症対策を支える重要な資金源となっています。

The Global Fund(英語)

グローバルファンド日本委員会(日本語)

タケダ・イニシアティブの支援対象国

*2014年より対象国がセネガルからケニアに変更になりました。