>会社情報 >タケダの歴史 >2000- 世界的製薬企業に向けて

History 2000-

タケダは230年以上にわたり、誠実に事業を推進し、企業価値創造を続けてきました。
これからも、グローバル製薬企業としての責任を果たしていきます。

商標の変遷

  • 1781-1944 創業~近代化
  • 1945-1984 上場~海外進出
  • 1985-1999 国際化
  • 2000- 世界的製薬企業に向けて

2000- 世界的製薬企業に向けて

  • 2000(平成12)年

    医薬外事業の再構築を開始

    2006年までに動物薬事業、ビタミン事業、化学品事業、食品事業、農薬事業、生活環境事業の・・・

  • 2002(平成14)年

    タケダ・ファルマ GmbH の経営権を取得・・・

    ドイツの医薬品販売合弁会社、タケダ・ファルマ(有)を全額出資子会社とし、同社100%所有・・・

  • 2005(平成17)年

    バイオベンチャー シリックス社を統合

  • 2005(平成17)年

    ロゼレムを米国で発売

  • 2006(平成18)年

    武田ファーマシューティカルズ・ヨーロッパをイギリスに設立

  • 2006(平成18)年

    米国で新社屋を落成

  • 2006(平成18)年

    アニュアルレポートにCSR報告書を統合

  • 2007(平成19)年

    パラダイム・セラピューティック社を統合

    英国のパラダイム・セラピューティック社および同社のシンガポール子会社を・・・

  • 2008(平成20)年

    TAP社の経営権を取得

    当社はアボット社との合意に基づきTAP社の会社分割を実施し、TAP社は当社の完全子会社・・・

  • 2008(平成20)年

    ミレニアム・ファーマシューティカルズInc. を統合

  • 2008(平成20)年

    武田ファーマシューティカルズ・アジア(株)と武田クリニカル・リサーチ・シンガポール(株)を設立

  • 2009(平成21)年

    デクスラントを米国で発売

  • 2009(平成21)年

    ユーロリックを米国で発売

  • 2009(平成21)年

    「国連グローバル・コンパクト」に参加 CSR専任組織の設置

    「人権」、「労働」、「環境」、「腐敗防止」からなる10原則を支持し、企業活動全般に取り・・・

  • 2010(平成22)年

    "Takeda Initiative"開始

  • 2010(平成22)年

    「タケダ・グローバル行動規準」制定

    当社では、グローバルに、より統一の取れた事業運営を行っていくため、グループ各社に共通・・・

  • 2011(平成23)年

    アジルバを日本で発売

  • 2011(平成23)年

    湘南研究所を開設

  • 2011(平成23)年

    ナイコメッド社を統合

  • 2011(平成23)年

    国連グローバル・コンパクトの 「LEADプログラム」へ参加

  • 2011(平成23)年

    「日本を元気に・復興支援」

  • 2012(平成24)年

    ワクチンビジネス部を設立

  • 2012(平成24)年

    4社の統合

    ・URLファーマ社を統合:痛風・高尿酸血症治療剤「コルクリス」(コルヒチン)で製品ラインナップを・・・

  • 2012(平成24)年

    「グローバルEHS方針」を制定

    当社は、「グローバルEHS方針」および「グローバルEHSガイドライン」に基づき、グループ全体が一丸となって EHS における・・・

  • 2012(平成24)年

    アドセトリスを欧州で発売

  • 2013(平成25)年

    ロトリガを日本で発売

  • 2013(平成25)年

    ネシーナを米国で発売

  • 2013(平成25)年

    「女性のエンパワーメント原則 (WEPs)」を支持

  • 2013(平成25)年

    インビラージェン社を統合

    インビラージェン社(米国)の統合により革新的なパイプラインと生ワクチンと不活化ワクチン基盤技術を・・・

  • 2013(平成25)年

    トリンテリックスを米国で発売

  • 2014(平成26)年

    エンティビオを欧州、米国で発売

    エンティビオ(一般名:vedolizumab)は、既存の治療薬で効果が得られなかった・・・

  • 2015(平成27)年

    ニンラーロを米国で発売