>会社情報 >危機管理

危機管理

グループの危機管理の考え方

タケダは、グループにおけるコーポレート・ガバナンスの一環として、経営に大きな影響を与えるリスクの未然防止と発生時の的確な対応は重要であり、グループ全体で監査など内部統制の充実、コンプライアンスの推進とともに危機管理体制の一層の強化に取り組んでいます。
危機管理に際しては、株主・顧客・取引先・従業員・地域・社会などのステークホルダーに対する責任として、また、グループの人的な安全確保と経済的な損失を回避するため、公正で誠実な対応が重要です。タケダは、「タケダグループグローバル危機管理ポリシー」および「危機管理規則」を定めるとともに、災害や事故等の発生に伴う事業活動の中断を防ぐため、あるいは中断したとしても可能な限り短期間で再開するために、「タケダグループグローバル事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)ポリシー」を策定しています。
これらの取り組みにより、今後も使命である「安定した医薬品供給」を継続的に果たしていきます。

グローバル危機管理ポリシー

グループの危機管理に関する基本的な考え方、原則・基準をまとめた「タケダグループグローバル危機管理ポリシー」に従い、発生が予測される危機に対し可能な限りの予防措置を講じています。また本ポリシーに沿って、危機の種類に応じて的確・迅速に対応できるような体制・仕組みを構築し、危機が発生してもグループが受ける人的・経済的被害や社会に及ぼす影響を最小限に抑えるようにしています。

ポリシーで想定している危機

  • 役員および従業員の生命・身体の安全や人権が、事件・事故により危機にさらされる事態
  • 会社資産、経営および事業活動が重大な損害を被る事態
  • タケダグループの評判もしくはブランドへの信頼を著しく損なう事態
  • 株主、顧客、取引先もしくは社会一般に重大な影響を及ぼす事態

グループの危機管理体制

武田薬品およびグループ各社は、それぞれの自己責任において、危機管理体制の構築、予防措置と発生時の対策を実施します。グループへの影響度が大きく、グループ全体での対応が必要な事態には、武田薬品の社長を委員長とする「グローバル危機管理委員会」で統一的に情報・状況を把握し、グループ各社に対する対策の指示とフォローを行います。