>タケダの活動>保健医療アクセス・ガバナンス

保健医療アクセス・ガバナンス

保健医療アクセス・ガバナンス

タケダは、当社も策定プロセスに参画したBSR「保健医療アクセス指導原則」を参照規範に、新興国・途上国をはじめとした世界中の人々を対象とした保健医療アクセスの向上に積極的に取り組んでいます。
具体的な取り組みについては、研究開発部門、製造部門、新興国市場担当部門、ワクチンビジネス部門、経営企画部門、業界渉外部門、知的財産部門、CSR部門などの社内横断的なメンバーで構成される「グローバルヘルスプロジェクト」が中心となり、ビジネス、企業市民活動の両面から検討しており、その内容については、適宜、経営幹部に報告しています。また、グループ全体の取り組みを統合化し、活動のさらなる充実を図っていくために、保健医療アクセスに関する基本ポリシーの策定を検討しています。

<グローバルヘルスプロジェクトの機能構成図>

グローバルヘルスプロジェクトの機能構成図